やちゃ坊おすすめ商品♪>>>楽天ROOM

初ボーナスで母とフィリピンのマニラに行った話

やちゃ坊
やちゃ坊

うがみんしょら〜(こんにちは)、やちゃ坊です。

今日は、私が、23歳の時に初めてのボーナスで

母とフィリピンへ二人旅をした話を紹介します。

こんなあなたの背中を押したい

海外旅行に行ってみたい

親孝行をしてみたい

フィリピンに行ってみたい



目次

なぜ、フィリピン・マニラへ行ったのか

フィリピン人の母を故郷に連れて行きたかった

私はフィリピン人の母、日本人の父のもとに生まれました。

は、私が生まれる前から日本で暮らし、

私が生まれてからは、

一度祖父(母の実父)の葬儀に

フィリピンへ帰り、

それっきり帰ったことがありませんでした。

10年以上、故郷に帰ったことのない母と

フィリピンに行くことが

いつからか私のになっていました。

フィリピンの親族に会ってみたい

母は6人兄弟で、姉1人も日本に在住していました。

母と暮らす地域は違いますが、

何度か私の地元に遊びに来てくれたので私も面識があります。

また、私が幼い頃にももう一人の母の姉が、

一緒に数ヶ月暮らし、

私の面倒を見ていてくれたようですが、

物心がつく前で私にはその記憶がありません。

だから、私は電話口でしか交流をしたことがない

フィリピンの親族会いたい気持ちばかりが積もっていました。

海外に行ってみたい

23歳。海外に行ったことはありませんでした。

言葉文化の違い、景観食べ物

海外に触れることはずっと憧れでした。

ただ、一人で行くことには不安もあったので、

母とフィリピンに行くことは

お互いにとってもとても素敵な経験になると確信が持てました。



フィリピンに行って感じたこと

日本は住み良い環境だということ

マニラは都心部はとても発展的

高層マンションやデパートがあり

電車やバスも走っていました。

買い物や交通機関にも困らず、

日本の都市とそう変わらない印象を受けました。

しかし、一つ、二つと路地を進んでいき、

一般層の生活を見てみると

あまり発展的という暮らしではありませんでした。

家によっては、お風呂やトイレがなく、

共同で利用していました。

ただ、だからと言って、

生活に困窮しているわけではなく、

それがその地区での当たり前なようでした。

やちゃ坊
やちゃ坊

海外に行く人、みんな言うけど、日本のトイレの綺麗さは本当に誇るべき!!

フィリピン人はとても陽気だということ

私が海外に行く上で、心配していたこと、

それは、『日本人であることをよく思われなかったらどうしよう』

ということでした。

なんとなく、差別的な視線があるのではないかと

海外を知らない私は感じていたのでした。

しかし、全くそんなことはありませんでした。

親族はもちろんでしたが、近所の人たちも

私に“Welcome Philippine”と気さくに話しかけてくれました。

母が生き生きしていた

地元を離れて10年の私もそうですが、

やっぱ地元・実家って居心地がいいし、

帰るだけで生き生きしますよね。

そんな母の姿を初めて見た気がしました。

何十年と母国を離れ、

新しい言語を覚え、文化を学び生活してきた母を

本当に尊敬した瞬間でした。

母も、家族も、その一員になれた私も

みんなが本当に楽しめた時間でした。

親孝行ができた

実は、フィリピンへ行く2年前、

私の父は病気で他界しました。

それから母は地元で私たち兄弟の帰る場所を残し

一人で暮らしています。

寂しい思いをさせていますが、

そんな母に初めての親孝行ができた気がしました。



結果!私、フィリピンに行ってよかった

憧れの海外旅行に行き、文化の違いに触れることができた

親孝行をしたら母が生き生きしていた

フィリピン人はとても陽気だと知ることができた

コロナが落ち着いたら、母や兄弟を連れて、

家族に絶対会いに行きます!!!

親孝行ももっと沢山します!

やちゃ坊
やちゃ坊

ありがっさまりょうた〜!!!

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

奄美大島出身。九州在住。
趣味は登山(7年目)・キャンプなどのアウトドア全般、音楽、サウナ、旅行。
「ハーフなのに英語を話せない」ことがコンプレックスで
コロナ禍にオンライン英会話を開始(通算180回以上受講)。
R3年の目標は、
●ブログとアウトドアを楽しむ。
●TOEIC初受験

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる