【山と道がまたも?】4/22発売決定!UL特化のザック『山と道MINI2』オリジナル素材導入

OUTDOOR
やちゃ坊
やちゃ坊

うがみんしょら〜(こんにちは)、やちゃ坊です

アウトドア界隈で最近話題の『UL(ウルトラライト)化』

登山でも荷物を軽量化することで、長距離の山道歩行の負担を軽減してくれるため

浸透してきている文化です。

そして、そのULに特化している『山と道』から

4/22(木)18:00にバックパック『山と道MINI』『山と道MINI2』の再販が決定しました!

今日は『山と道MINI2』について、性能おすすめの理由についてお伝えします。

こんなあなたに伝えたい

・ザック(バックパック)の購入で悩んでいる

・おすすめのザックを知りたい

・山と道っていいの?

山と道については、こちらの記事にも書いています。ご参考にしてください。

【登山好き必見】4/14発売決定!UL特化のザック『山と道three』から新色登場

4/14新発売『山と道three』新色タウニーポートを低身長女子(152cm)がレビューしてみた

 



山と道MINI2のスペック

値段:¥ 28,050(税込)

容量:Size M/25-35L・Size L/28-38L

質量:Size M/398g ・Size L/416g

サイズ:UNISEX | M / L

素材:70D HT PC Coated Ripstop Nylon

軽量でありながら、1泊ー2泊程度のUL装備を快適に背負うことができます。

カラー展開

カラーは4色展開です。

山と道threeと同じようにフロントには大きなメッシュポケットを採用しています。

山と道MINIと山と道MINI2の比較

大きな違いは、カラー展開フロントポケットの違いのようです。

MINI2では、フロントをメッシュにすることで、MINNIより大容量でありながら

よりウルトラライトで、短時間での荷物の出し入れを可能にしています。

MINI2MINI
値段¥ 28,050(税込)¥ 30,800(税込)
容量Size M/25-35L
Size L/28-38L
Size M 25-30L
Size L 28-32L
質量398g〜395g〜
フロントポケットメッシュZIP

MINIは、フロントポケットがZIPのため、より防水性があります。

MINI2は、より大容量低価格のようです。

山と道MINI2と山と道threeの比較

同じメッシュポケットで比較するとカラー展開容量に大きな差があります。

MINI2three
値段¥ 28,050(税込)¥34,100(税込)
容量Size M/25-35L
Size L/28-38L
Size M/40L
Size L/45L
質量398g〜 604g〜

また、山と道threeの場合は、フロントポケットをカスタム出来ることに大きな差があります。

少ない容量と軽量を求めるのであれば、MINI2が良いでしょう。

容量のみを比較すると

MINI<MINI2<three

となっているようです

 



山と道MINI2おすすめの理由1|軽量だけでなく、耐久・強度に特化したオリジナル素材

2021年モデルより、メイン素材が山と道の独自開発素材「70D HT PC Coated Ripstop Nylon」に変更されました。

従来の素材よりも優れた強度耐久性を持つ生地に、加水分解しにくいポリカーボネートをコーティングしているようです。

軽量性だけを追い求めるのではなく、生地の軽量性と耐久性、強度を見直しました。そして、長く使えるように、加水分解しないと言われるポリカーボネートコーティングを行いました。

このオリジナル生地の開発は予想以上に大変で、形になるまでに長い時間がかかりました。ようやく皆様に新しいMINI2をお送りできて嬉しく思います。少しでも多くの方に長い山旅を楽しんでもらいたいと願います

夏目彰(山と道)

ただ、『軽い』と言うわけではなく、強度・耐久にも力を入れているのが伝わりますね。

この夏目彰さんが記されているようなJOURNALSというページがあるのですが、

作成者の思いこだわりなどが垣間見えて、時々好きで読んでいます。

山と道MINI2おすすめの理由2|軽いのに沢山詰め込むことができる

山と道threeにもついているこのフロントのメッシュポケット、かなり大きく開くようです。

また、Lでも416gという軽さですけど、

500mlのペットボトルよりも軽くて、大容量であることは、MINI2の大きな魅力に感じます。

開口部もかなり開閉しやすい作りで荷物の出し入れもしやすそうです。

また、フロントの限らず、サイドポケットも広く

ポケットだけに干渉せず、外付けでギア(荷物)の装着も多く出来そうです。

ミニマム装備でテント泊するためのULバックパック

と謳われるだけの価値をひしひしと感じます。

山と道MINI2おすすめの理由3|入手困難であること

4/12に再販された『山と道three』がすぐに完売になるほど、

ULハイカーにとって『山と道』の商品は人気で入手は容易ではありません。

だからこそ、手に入れたときの感動思い入れは深まりますよね。

公式に製品販売スケジュールが掲載されていたので、

こちらに沿って事前に購入準備など進めておくのをおすすめします。

【山と道がまたも?】4/22発売決定!UL特化のザック『山と道MINI2』オリジナル素材導入|まとめ

山と道MINI2の魅力

・軽量だけでなく、耐久・強度に特化したオリジナル素材

・軽いのに沢山詰め込むことができる

・入手困難であること

こんな人に山と道MINI2がおすすめ

・心からのULハイカーになりたい

・threeほどではないが、ザックに容量を求めたい

今後も『山と道』のファンとして、これからの進化に期待を込めたいと思います。

今後、登山を楽しんでいきたい方に向けて、このような記事も書いていますので合わせてお読みください。

春の登山に必要なものは?初登山に必要な服装や持ち物【初心者向け】

→【登山初心者必見】なぜ、登山届が必要なの?

山仲間が増えますように♪

やちゃ坊
やちゃ坊

ありがっさまりょうた〜!!!

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました